休日 日・祭日  営業時間 8時−18時)
D
C
B
A
や   ま   か
519-4324 三重県熊野市井戸町362-15 
注 代金は1箱を1ケ口とした近距離〔中部・関西・関東〕のことです
記号  内    容 代金(近距離送料含む) 年内最終発送
(申込〆切20日)
12月30日

年頭初発送
1月10日

11月〜3月 4月〜10月
さんまずし 5本 3564円 3780円
さんまずし 7本 4652円 4868円
さんまずし3本 昆布巻ずし2本 3672円 3888円
さんまずし4本 昆布巻ずし3本 4814円 5030円
あじ姿すし   夏季限定品です 6月末から8月中頃の予定

熊野灘で当日朝に捕れた新鮮なものしか使用しませんので
天候などにも左右されます 電話でお確かめ願います
写真をクリックで価格等案内しております

TEL 0597-85-2735

FAX 0597-89-6388

メールのご利用は下記にて願います

休業日は 日・祭日・不定期ですが月に一回の土曜日

休みの日は発送出来ません 電話の受付も休みになります
御注文・お問い合わせは
TEL・FAX・はがき・あるいは下記メールでお願いします
発送は翌日以降になります ほとんどの所は一日で届きます(クロネコヤマト便
代金の振替用紙は商品と共に又は発送依頼人の所へ郵送します
お申し込み
お支払い
さんますし
熊野灘でさんまが採れ始めるのが初冬です。三陸や銚子の
沖から南下してきたさんまは熊野灘に達して脂も少なく身も
引きしまり、すし種としては最高となるのです。さんま漁の歴

史は古く江戸中期にさかのぼります。日持ちがよいので保存
食として普及したのもその頃だと考えられます。熊野のさん

は想像外のあっさり味ですが、山間部で育った「ゆず」により
素朴ながらも風味豊かで、今や紀州を代表する「観光名物」と

なっております
昆布巻すし
昆布巻すしは「こぶずし」の名で呼ばれております。北海道産の
幅広い上質の昆布がなぜこの地で従来から使われてきたか その
理由は定かでないが、伝えられるところによれば昔熊野水軍全盛

のおり襲った交易船の積荷の中にこの種の昆布があり、それを利用
して生まれた巻きすしといわれています 熊野の職人が剥いていま
商品案内・取引案内
おことわり
休業日
漁獲量や全て手作りのため製造が間に合わず 発送日を変更願う時があります 御了承下さい
特別商品
宅配便について問い合わせ